募金の種類と申込

ホーム 募金の種類と申込「リーディング・ユニバーシティ―法政」募金 使途と申込

「リーディング・ユニバーシティ―法政」募金 使途と申込

奨学金

法政大学の奨学金制度は皆さまのあたたかいご支援により支えられています。
皆さまのご支援により、学生たちは意欲的に勉学に励み、充実した学生生活を過ごすことができています。
学業成績が優れ、強い修学の意思があるにもかかわらず、経済的援助が必要な学生を対象にした奨学金として活用させていただきます。

法政大学家計急変学生支援奨学金

主たる家計支持者である保証人(親)の死亡、または離別、失職、病気・事故、災害等により家計が急変し、その事由が発生した月から12か月以内に大学納付金を納入できない学生を救済するための奨学金です。
本奨学金は、返還を要しない給付型の奨学金で、学生1名に対して20万円を上限として給付します。

グローバル教育支援

法政大学は、2014年7月に「法政大学グローバルポリシー」を制定し、2023年までの10年間をかけて、「持続可能で平和な地球社会の構築に貢献する大学」を目指しています。
具体的施策として、25のプロジェクトで構成される「グローバル化プロジェクト25」を立ち上げ、教育、研究、社会貢献の分野において、大学のグローバル化を進めています。
「グローバル教育支援」を指定いただいたご寄付は、主に「グローバル化プロジェクト25」を通じて、本学のグローバル化推進のために、有効に活用させていただきます。

「グローバル化プロジェクト25」の具体例

  • 外国語による授業の増加
    外国語による授業の割合を増やすとともに、海外大学との同時遠隔授業、日本語と英語のバイリンガルゼミなど授業全体のグローバル化を推進します。
  • 英語のみで卒業できるコースの充実
    グローバル教養学部に加え,学部3コースと大学院3コースを新設します。
  • 高度な語学運用力の育成
    全学部において習熟度別の少人数クラスを発展させます。また、英語教育プログラムや英語による専門科目、関連科目を充実させます。
  • 海外留学制度の拡充
    派遣留学制度、スタディ・アブロード(SA)制度を拡充し、単位修得を伴う留学を増加させます。
  • 外国人留学生の受入れ機能強化
    奨学金の充実、留学生の文化・宗教的背景に配慮した対応の整備、高度グローバルキャリアアドバイザーによる就職支援、日本語教育の充実など支援体制を強化します。

    ※「法政大学グローバルポリシー」の詳細は、下記URLでご覧いただけます。
    http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/rinen/g_policy/

教育環境整備

学生が、大学生活を通して、知識と教養を深め、社会を担う人材に成長していくためには、教育環境の整備・充実を図ることが必要です。
校舎の建替等の各キャンパス整備、教室で使用する教育器具や情報設備などを充実させるために活用させていただくことにより、学生の学びの場を充実させていきます。

スポーツ振興

スポーツは創造的な文化活動の一つであり、活力ある社会を形成するうえでも、また、学生の心身両面にわたる人間形成のうえでも、価値をもっています。スポーツのさらなる振興・発展を図っていきます。

各クラブへのご支援

各クラブの運営の補助として活用させていただき、学生の課外活動の充実化につなげます。

<クラブ一覧>

アメリカンフットボール部 ボクシング部 山岳部 自転車競技部 自動車部 サッカー部
水泳部 スキー部 スケート部 相撲部 ハンドボール部 卓球部
テニス部 ソフトテニス部 野球部 準硬式野球部 馬術部 バレーボール部
陸上ホッケー部 ヨット部 バスケットボール部 ラグビー部 陸上競技部 フェンシング部
空手部 バドミントン部 柔道部 重量挙部 レスリング部 剣道部
航空部 ワンダーフォーゲル部 射撃部 ボート部 ゴルフ部 弓道部
少林寺拳法部 応援団 ラクロス部      

法政大学体育会情報はこちら

研究支援

法政大学には、さまざまな分野にわたる附属研究施設があり、いずれも多くの実績を挙げています。各研究所の活動概要については、各研究所のホームページをご覧ください。

付属校教育の充実

私学のトップを目指す法政大学の付属校生にふさわしい学力とチャレンジ精神を備えた生徒を育てます。

ページの先頭へ