募金の種類と申込

ホーム 募金の種類と申込「リーディング・ユニバーシティ―法政」募金 使途と申込

「リーディング・ユニバーシティ―法政」募金 使途と申込

グローバル教育支援

法政大学は、2014年7月に「法政大学グローバルポリシー」を制定し、2023年までの10年間をかけて、「持続可能で平和な地球社会の構築に貢献する大学」を目指しています。
具体的施策として、25のプロジェクトで構成される「グローバル化プロジェクト25」を立ち上げ、教育、研究、社会貢献の分野において、大学のグローバル化を進めています。
「グローバル教育支援」を指定いただいたご寄付は、主に「グローバル化プロジェクト25」を通じて、本学のグローバル化推進のために、有効に活用させていただきます。

「グローバル化プロジェクト25」の具体例

  • 外国語による授業の増加
    外国語による授業の割合を増やすとともに、海外大学との同時遠隔授業、日本語と英語のバイリンガルゼミなど授業全体のグローバル化を推進します。
  • 英語のみで卒業できるコースの充実
    グローバル教養学部に加え,学部3コースと大学院3コースを新設します。
  • 高度な語学運用力の育成
    全学部において習熟度別の少人数クラスを発展させます。また、英語教育プログラムや英語による専門科目、関連科目を充実させます。
  • 海外留学制度の拡充
    派遣留学制度、スタディ・アブロード(SA)制度を拡充し、単位修得を伴う留学を増加させます。
  • 外国人留学生の受入れ機能強化
    奨学金の充実、留学生の文化・宗教的背景に配慮した対応の整備、高度グローバルキャリアアドバイザーによる就職支援、日本語教育の充実など支援体制を強化します。

    ※「法政大学グローバルポリシー」の詳細は、下記URLでご覧いただけます。
    http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/rinen/g_policy/

奨学金

法政大学の奨学金制度は皆さまのあたたかいご支援により支えられています。
皆さまのご支援により、学生たちは意欲的に勉学に励み、充実した学生生活を過ごすことができています。
家計が急変し学業を続けることが困難な学生、難関資格に合格した学生、スポーツで優れた成績を修めた学生のための奨学金として活用させていただいております。

法政大学家計急変学生支援奨学金

主たる家計支持者である保証人(親)の死亡、または離別、失職、病気・事故、災害等により家計が急変し、その事由が発生した月から12か月以内に大学納付金を納入できない学生を救済するための奨学金です。
本奨学金は、返還を要しない給付型の奨学金で、学生1名に対して20万円を上限として給付します。

L・U奨学金

在学中に難関試験に合格した学部生に給付する「L・Uキャリア・アップ奨励金」と、団体スポーツにおいて優れた成績を収めた運動部等の団体に給付する「団体スポーツ奨励金」として活用させていただきます。

L・Uキャリア・アップ奨励金

在学中に、難関試験である、気象予報士試験、行政書士試験、高度情報処理技術者試験、社会保険労務士試験、税理士試験、中小企業診断士試験、通訳案内士試験、不動産鑑定士試験に合格した学部生に、200,000円を給付しています。

団体スポーツ奨励金

団体スポーツにおいて優れた成績を収めた運動部等の団体に奨励金を給付しています。
(団体競技の場合)
全日本学生選手権レベル以上の大会で優勝した団体に100万円を、準優勝した団体に50万円を給付しています。
(個人競技における団体戦の場合)
全日本学生選手権レベル以上の大会で優勝した団体に、50万円を給付しています。

スポーツ振興

スポーツは創造的な文化活動の一つであり、活力ある社会を形成するうえでも、また、学生の心身両面にわたる人間形成のうえでも、価値をもっています。スポーツのさらなる振興・発展を図っていきます。

スポーツ振興全般

選手の補強と先端的な指導法を導入して、法政大学のスポーツチームを強化していきます。

各部へのご支援

法政大学にはスポーツチームが多数ありますが、これらのスポーツ分野の振興を通して、法政を愛する皆さまとの絆を強固なものにしていくことは私たちの喜びでもあります。

<クラブ一覧>

アメリカンフットボール部 ボクシング部 山岳部 自転車競技部 自動車部 サッカー部
水泳部 スキー部 スケート部 相撲部 ハンドボール部 卓球部
テニス部 ソフトテニス部 野球部 準硬式野球部 馬術部 バレーボール部
陸上ホッケー部 ヨット部 バスケットボール部 ラグビー部 陸上競技部 フェンシング部
空手部 バドミントン部 柔道部 重量挙部 レスリング部 剣道部
航空部 ワンダーフォーゲル部 射撃部 ボート部 ゴルフ部 弓道部
少林寺拳法部 応援団 ラクロス部      

法政大学体育会情報はこちら

教育とキャリア(就職)支援

学生が日々の授業において、目的意識をもって主体的に粘り強く学ぶ力の育成や、コミュニケーション能力を育成するための支援をしていきます。

学部教育の充実

学部教育の充実のために欠かせない、入門科目や基礎科目の拡充や、自立的で人間力豊かなリーダーの育成をします。

「学部教育の充実」に賜ったご支援は、「環境」「教育」「心理」「人権」「異文化交流」「キャリア形成」「地域連携」などの 分野に取り組んでいるゼミナールの活動支援にも有効活用され、参加した学生を人間力豊かな自立型人材として育成する ために役立っています。

大学院教育の充実

社会の変動は激しく、このような大転換期の新しい社会を形成するために、より高度な学習を継続することが求められています。常に社会のニーズに合った高度専門教育が受けられる機会を提供していきます。

キャリア(就職)支援

公務員上級試験、司法試験、公認会計士試験などの合格を目指す特別講座を充実させます。

専門職大学院支援

専門職大学院は、実務家の育成を主な目的とした大学院で、研究者の育成を重視する従来の大学院と異なり、各専門分野の高度な知識・技能を実社会で活用することに重点を置いています。
高度な専門知識と優れた技術により、特定の分野や業界をリードできるエキスパートを養成します。

法務専攻(法科大学院)支援

幅広い視野と柔軟な思考力を養うべく実践的な教育を取り入れ、理論と実務のバランスがとれた法曹を育成します。

イノベーション・マネジメント専攻(経営大学院)支援

リスクを計算しながら、大胆な発想と行動力によって革新を果たせる、真の意味でのビジネス・イノベータを育成します。特に、高度情報化が進む中で、ビジネスで最も求められている企業経営とIT戦略の両方を理解する人材を育成します。

研究支援

法政大学には、さまざまな分野にわたる附属研究施設があり、いずれも多くの実績を挙げています。各研究所の活動概要については、各研究所のホームページをご覧ください。

付属校教育の充実

私学のトップを目指す法政大学の付属校生にふさわしい学力とチャレンジ精神を備えた生徒を育てます。

ページの先頭へ